看護師でも転職が多いと不利?

看護師の転職回数は何回までならOK?

看護師という職業は転職しやすい仕事としても知られています。 まだまだ人手不足の状態が続いていることから採用率が高いですし、求人の数も沢山あるのです。

ですが、一般的には転職回数が増えれば増えるほど面接で不利になると言われていますよね。 看護師の場合は、具体的に何か幾らから不利になってしまうのでしょうか。

まず、転職回数が与える影響というのは年代によっても違ってきます。 20代と40代では同じ3回の転職経験だったとしてもその印象は大きく変わってくるといえるでしょう。

まず20代についてご紹介します。 病院であっても企業であったとしても、1回程度の転職であればするほど大きなマイナスイメージにつながるようなことはありません。

働き始めたものの、イメージと全く違う職場ですぐに辞めてしまうという方も多い年代だといえるでしょう。 しかし、2回目の転職になると企業系では少し転職が厳しくなってしまいます。

病院での転職を検討している場合も、なぜ2回も転職したのかしっかり説明を求められるので考えていきたいですね。

3回目の転職になると企業系ではほとんど採用してもらえません。 病院の中には理由が説明できれば採用できるとしているところもありますが、20代で4回以上の転職経験がある場合には病院でも就職は難しいです。

続いて30代についてですが、1~2回くらいの転職経験であれば病院でも企業系でも特に問題ありません。 3回以降の転職経験は病院であれば特に問題ないのですが、企業経営では転職理由を求められるので考えておきましょう。 4回以上の転職は、病院でも少し印象が悪いです。 企業経営であれば採用はかなり厳しいと思っておいた方が良いでしょう。

転職回数を増やさないためにも本当に自分に合っている職場を探すことが大切です。 明日の目安として、平均就業年数は3年以上になるようにしましょう。

自分にとって最適な職場が分からないということであれば、転職支援サイトに相談するのもおすすめです。