転職が多い看護師が気を付けたい点は?

仕事が長続きしない看護師が注意したいミス

転職活動を何度も繰り返している看護師も沢山います。 なかなか長続きできる職場が見つからないという場合には、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

まず、誰しも何かしらの妥協をしているということを理解しなければなりません。 かなりの給与が期待できてそれでいて人間関係も良好、休日もしっかりとることができて残業なし…というような完璧な職場を探すとなかなかそれにみあった所が見つかりません。

誰でも理想的な職場で働きたいと思っています。 ですが、あれこれ条件を付けすぎてしまうのではなく、最低限譲れない条件を優先させましょう。

何を優先して考えればよいのか分からないという方におすすめの方法が、今の職場を辞める理由について考えるということです。 誰でも何かしらの理由があって職場を離れますよね。

例えば、給料の安さに問題があって辞めたということであれば、ある程度高収入が期待できるところを選択した方が良いでしょう。 福利厚生が充実していないということが理由で、職場を離れた場合には福利厚生が充実している職場の方が良いですよね。

ただ、転職の原因が自分の考え方にある方もいるようです。 どの職場に転職してもなぜかいじめられる…ということに悩んでいる方もいますが、上司や同僚からの指導をいじめと勘違いしてしまう方もいるようなので、このあたりも注意しておかなければなりません。

それから、転職を検討している理由の中には転職ではなく、上司に相談をすることで解決するようなものもあります。 例えば、夜勤が辛くて体力的に限界を感じているので、転職を検討しているという方もいるでしょう。 こういったケースでも上司にそれを相談したところ、夜勤なしの日勤スタッフとして雇ってもらえたという方がいます。

転職以外に解決策はないのであれば仕方がありませんが、転職をするとなれば新しい仕事を1から覚えなければならない形になるため、まずは上司に相談することについても考えてみましょう。