看護師パートとして働くための基礎知識

看護師パートで転職する際の疑問



転職を視野に入れている看護師の方が、どのような情報を求めているのかいくつかの例を挙げてみましょう。 まず、看護師か准看護師として働くことは可能なのかということです。
准看護師に強い求人サイトは?

准看護師というのは、各県で行われる准看護師試験に合格した人に与えられる名称で、看護師養成学校卒業が受験資格となっています。 国家資格である看護師が、准看護師を名乗ることはできないようですが募集の内容によっては、看護師であっても准看護師の待遇及び業務内容で働きたい旨を申し出て、採用してもらうということができるようです。

二つ目は産休代用看護師として働くことについてです。 ご存知の通り誰かが出産のため休む間、代わりの看護師として働くわけですから、産休を取っていた人が復職したら仕事を失うことになります。

ただ、勤務時間や業務内容はある程度融通がきくようなので、それが自分に合った働き方であれば考慮に入れてもいいかもしれません。 また、ブランクがあり看護師復帰の手始めとしては向いているのかもしれません。 働く期間が決まっているので、あまり無理せずスキルに合った仕事が可能なようです。

三つ目は健診車で会社などへの訪問健診を行う仕事は大変かということです。 どのような組織に属する健診車なのかにもよりますが、1人で社員全部の全項目を担当するわけではないので、肉体的に大変をいうことはないでしょう。

だた、どちらかというと流れ作業的な仕事で、治療といった分野ではないのでバリバリ働きたいと考えている人には物足りないかもしれません。 当然夜勤はないでしょうから、夜型の人には大変なのかもしれませんね。 大変さの尺度は人それぞれ違うので、やってみなければわからない部分もあるでしょう。

四つ目に修学旅行など団体旅行に同行する業務についてです。 参加人数や日数、季節、場所などにもよりますが、必ず添乗員や引率者(教師など)が一緒にいるわけですから、看護師としては体調を崩す人がどれぐらいいるかで大変さは変わるでしょう。 いずれにせよ基本的な看護業務の範囲での仕事だと考えればよいのではないでしょうか。

最期に派遣会社に登録して看護師として勤務することについてです。 メリットは転職のしやすさです。 仕事をするうえでの契約は派遣会社と行うので、雇用主は派遣会社になります。 ですから労働条件などに関することは、実際の職場ではなく派遣会社との取り決めになります。

派遣会社に登録しておけば、自分に合った派遣先を会社が紹介してくれるので、その中から希望する所を選べばよいのです。


男性認定看護師の現状

最近では男性看護師も少しずつ増えてきましたが、まだまだ女性看護師に比べると数は少ないのが現状です。 認定看護師についても同様で、これからはもっと男性でも専門分野の知識を身につけた認定看護師が増えることが期待されます。

でも看護師という仕事はこの職業ならではの難しさもあり、男女問わず職場に定着できずに転職する人が多いのです。 看護師の仕事は病院によっては24時間体制であり、しかも人手不足のところが多いので、どうしても激務になりがちです。

いつも患者さんや医師、他の看護師と接する中で、意思の疎通がうまくいかなかったりしてストレスがたまることもあります。 やらなければならない仕事はいつも山積みなのに気を抜くことができず、ストレスも限界ギリギリまでたまっているという人も多いでしょう。 そのため早期に退職してしまったり、転職を繰り返す人もたくさんいるのです。

これまでは男性がせっかく看護師の資格を取得しても、大勢の女性の中にうまく溶け込んでいけなかったりして、働きづらさを感じる人が多かったようです。 また患者さんの中にも、女性の看護師にお世話をしてもらいたいと希望する人がいるのも事実です。

でも仕事内容によっては男性看護師の方が向いている作業もありますし、病院によっては男性看護師を歓迎するところもあります。 男性の患者さんは男性看護師にケアしてもらう方が気楽でいいと感じることもあるでしょう。

何より男性看護師が加わることで、人手不足の職場が助かるという事情もありますから、これからも男性看護師は絶対に必要とされますし、人数も増えてくると思われます。 認定看護師についても、先ほど述べたように実際の人数はまだ少ないですが、まだまだ人を必要とされる認定看護分野もたくさんありますから、どんどんチャレンジしていっていただきたいと思います。

これから認定看護師を目指す男性は、男性が働きやすそうな職場を選んだり、希望する分野での仕事ができそうな病院を選ぶと良いでしょう。

看護師からCRCとして活躍する方法

CRCとは「Clinical Research Coordinator」の略で、治験に関する仕事です。 薬は製造会社によって開発されますが、開発された薬が本当に安全なのか、目的の効果がしっかり出るかというのは実際に試してみなければわかりません。

効果が認められたものしか厚生労働省からの承認が下りないので、効果を証明するために治験が行われます。

看護師として働いている人からすると、治験の現場はあまり馴染みがないかもしれません。 ですが、看護師からCRCへの転職を決める方も多いので、治験に興味があるという方はCRCを目指してみてはどうでしょうか。

CRCになるためになにか特別な資格を取得しなければならないということはありません。 看護師資格を持っていると就職が有利になると言われていますが、その理由として挙げられるのが、治験の仕事では医療関係の専門用語がたくさん出てくるということです。

医師や看護師とコミュニケーションを取るシーンがたくさんあるので、医療の専門的な知識を持っている看護師は採用が有利になります。

医療の最先端で人の役に立つ仕事ができる仕事であるため、やりがいを求めてCRCに転職する方もいるようです。

次に、CRCが担当する仕事内容についてご紹介します。まず、治験を行ううえで必要なことのうち、大部分をCRCが担当すると考えていいでしょう。

病院側からカルテを受け取り、どの患者さんを治験の対象とするか考えます。もちろん、全ての患者さんが治験に同意してくれるわけではないので、治験のメリットやデメリットを伝えながら治験に参加してもらえるように交渉するのも大切な仕事です。

注射などの医療行為は行うことができませんが、治験に対して不安を抱えている患者さんも多いので、メンタルケアなども行わなければなりません。あとは全体のスケジュール調整やデータ集計とまとめ、報告なども担当します。

このようにCRCがいなければ治験は成り立たないのです。忙しいもののやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

訪問看護師として働く

訪問看護師とは、看護を必要としている患者さんのところへ訪問し、ケアをする仕事です。 日本ではまだまだ始まったばかり仕事ではありますが、看護師としての知識や経験を活かして働くことができるので、やりがいを感じられるでしょう。

訪問看護師になるためには看護師資格が必要ですが、それ以外に特別な資格は必要ありません。 ただ、一人で様々な仕事を担当することになるため、経験がない方が突然訪問看護師として働き始めるのは難しいかもしれません。

あまり看護師としての経験や知識に自信がないということであれば、しっかりとした研修を行っているところを選択したほうがいいでしょう。

それから、特別な免許は必要ないと説明しましたが、患者さんの自宅などに行くためには車やバイクなどを使うこともあります。そのため、普通自動車免許がないと雇ってもらえないケースも多いです。

近場への訪問であれば徒歩や自転車を使ってもいいところが多いのですが、採用条件として普通自動車免許を挙げているところもあるので注意しておきましょう。

訪問看護師の主な仕事内容は、体温や血圧、脈拍、呼吸などの測定と観察、食事や排せつ、移動などの介助を行う他、採血や検尿なども行います。

また、薬を正しく飲めているかを確認したり、家族の方に関するアドバイスや指導を行うのも大切な仕事です。どういった仕事を担当することになるかというのは患者さんによって違いますが、様々な知識が求められる仕事だと言えるでしょう。

基本的な指示はその患者さんの主治医から出されることになるので、なにか不明なことがあった際には主治医のほうに確認をしてから対処することになります。

訪問看護師として働いた経験を積めば、訪問看護師の認定資格も取得可能なので、この資格を取得しておけば転職をする際にも役立つでしょう。病院での看護に比べると患者さんと密接な関係を築いていく形になるので、一人一人に丁寧にケアをしたいという方にもおすすめです。